私の実家は築40年くらいになる。

業者のリフォーム案に唖然とした体験
業者のリフォーム案に唖然とした体験

私の実家は築40年くらいになる

私の実家は築40年くらいになる。昔ながらの平屋の1軒屋で、いい加減住むことすら怪しいのではないかと思っていたが、数年前に大家さんが見かねてリファームをしてくれた。
白アリに開けられてしまった大穴や、台所の床は一部腐っていて、勝手口は隙間風がひどかった。なにしろ古いのだから、大家さんも低予算で済ませたいのは当然の事。だから、ちょっと汚れた板をもらってきて釘で打ち付けて、というのはなんとも思わなかったのだが、1つ唖然としたことがあった。
勝手口のドアノブがきちんと閉まらないので、ドアを取り換えようということになったのだが、状況を見に来た業者さんが「ドアを上下逆にしてドアノブをつけ替えましょう。元のネジ穴は板で塞ぐので。」と提案してきた。
でも、それだと上にあった小窓が猫扉みたいに足元にきてしまう、と言ったら「足元に窓があると思えば、足元が明るくなっていいでしょう」と悪びれる様子もない。
光を入れるだけの開かない窓だからどこにあっても機能上問題ないのだが、見た目のあり得ないデザインに、数年たった今でも釈然としない。