どうしてもマイホームが欲しかったけど、頭金も無いし、住宅ローンも払える状況ではなかったので、安い中古物件を購入したのです。

業者のリフォーム案に唖然とした体験
業者のリフォーム案に唖然とした体験

どうしてもマイホームが欲しかったけど

どうしてもマイホームが欲しかったけど、頭金も無いし、住宅ローンも払える状況ではなかったので、安い中古物件を購入したのです。

築年数が30年以上経っているから、あちこちガタが来ていて手直しが必要でした。
とりあえず、お風呂とトイレなどの水周りはリフォームしないと使い物にならない感じだったので、業者に見積をお願いしたのですが、提示された金額とリフォーム案に唖然としてしまいました。
あまりの金額の高さと、想像以上の大リフォーム工事です。
それだったら新築住宅を買った方が良かったとさえ思いました。

リフォーム案には、こちらが希望してなかった屋根の修理や、基礎の補強工事も入っていたので、高額になっていました。
古いお風呂だったので、隙間から水漏れしていて、風呂場近くの基礎の土台が、完全に腐っていたそうです。
このままだと地震の時に危険だからと、基礎工事も勧められました。
確かに床下を見ると、木が真っ黒になっていて腐っていました。
屋根にも雨漏りが見つかり、放置すると家が傷むと言われました。

業者のリフォーム案には驚いたけど、ちゃんと一理ある内容だったのです。