築20年を越えたあたりから、家の色々な部分に問題が出て来ました。

業者のリフォーム案に唖然とした体験
業者のリフォーム案に唖然とした体験

築20年を越えたあたりから、家の色々な部分に問題が出て来ました

築20年を越えたあたりから、家の色々な部分に問題が出て来ました。

まず、床がきしみ始めたのです。
一番家族がよく歩くところが、窪むようになったのです。
そこを歩くと、床が曲がるのが分かるのです。
1階への階段の降り口付近が、この状態になりました。
ここが一番、家族全員が踏みつけるところなのです。

それで、工務店さんにリフォームの相談をしたのです。
私は、当然その窪む部分の床板を全部めくって、新しいものと交換するのだと思っていました。

ところが、工務店さんの話を聞くと、床をめくるのではなく、窪む床の上に板を貼り付けて床を強化する方法がいい、と言うのです。
床全体に板を貼り付けるので、段差はできないと言うのです。

私はこの話を聞いた時、唖然としました。
そんな方法があるのかと驚きました。
工務店さんの話によれば、この方法が一番安上がりで、ほとんどの家がこの方法を使っていると言うのです。
私が全く知らなかった方法なので、多くの家庭がこの方法を使っていることを知り、それにも驚きました。