我が家は新築の一戸建てですが、築23年が経ち、もう新築とはほど遠い年季の入った家となってきました。

業者のリフォーム案に唖然とした体験
業者のリフォーム案に唖然とした体験

我が家は新築の一戸建てですが

我が家は新築の一戸建てですが、築23年が経ち、もう新築とはほど遠い年季の入った家となってきました。

しかし、外壁の手入れや、目地なども業者の方に定期的に見ていただいたので、何も手入れしていない家よりは、それなりの形は整っているかと思います。
3年程前ですが、今までにはない、少し大がかりな外壁のリフォームをしました。
私は、落ち着いたカラーの一色使いでお希望したのですが、夫がツートンカラーを強く推すのです。
近年、1階部分と2階部分を2色に分けるお宅を拝見することが多くなりました。
そのようなお宅は総2階建てで、1階と2階の境目に帯のような模様入れるなどして違和感がないのですが、我が家は、総2階の家とはちょっと変形した外観なので、ツートンカラーは難しいと思ったのです。

そんな中、業者さんが出してきた案は何とシマシマです。
私は目が点になりました。
以前、有名な漫画家さんのお宅の紅白のシマシマが話題になりましたが、そのお宅といい勝負だったかもしれません。その後、結局差しさわりのないツートンにはなりましたが、このシマシマ案は今でも笑話です。