昨年、あるリフォーム業者に見積もりを依頼しました。

業者のリフォーム案に唖然とした体験
業者のリフォーム案に唖然とした体験

昨年、あるリフォーム業者に見積もりを依頼しました

昨年、あるリフォーム業者に見積もりを依頼しました。
家を建ててから約20年が経ち、外壁などの経年劣化が気になってきたからです。

営業担当者に壁などを見てもらうと、壁に小さなヒビが入っている他、外壁をつなぐ目地がだいぶ劣化しているとのことでした。
屋根も少し色褪せてきているそうです。
外壁や屋根の劣化は家の寿命に関わることなので、なるべく早めに直した方が良いですと、丁寧に説明してくれました。

見積もりを取ってもらうと、少し高いけれど、まあ予算内に収まるという値段でした。
ただ、書面に記載されているのは外壁と目地だけで、雨どいや屋根などについては書かれていません。「一式」と書いてありますが、もし入っていないと何度も工事をしなくてはなりません。聞いてみると、それらは施工範囲には入っていないとのことです。
もしご希望なら別料金で工事させていただきますという言葉に、家族一同思わず唖然としてしまいました。

そうなると、とても予算内には収まらないので、結局お断りしました。
その後、しつこい勧誘はなかったので、悪い業者ではないと思いますが、リフォームの前には見積もりなどをきちんと確認しないといけないと、考えさせられました。