私の知り合いの家は、建物が古くなり、あちこち段差があって躓いて危ないからと、リフォームを思い立ったそうです。

業者のリフォーム案に唖然とした体験
業者のリフォーム案に唖然とした体験

私の知り合いの家は

私の知り合いの家は、建物が古くなり、あちこち段差があって躓いて危ないからと、リフォームを思い立ったそうです。

そこで、近所のリフォーム業者に相談したそうですが、その時に恐ろしい提案をされたそうです。
なんと、家の重要な柱を切って広く室内が使えるようにしましょう、というものだったようです。
これから年をとって段差が危なくなるし、部屋があちこち間仕切りしてある間取りで開放感も失われているから、この際、1階全てをワンフロアにしてしまいましょう。邪魔になる柱も外してしまえばスムーズに動けるし、見た目も広く感じられていいですよ、とのことでした。

建築のことなど全く分からない人だって、家の柱を切るのは絶対にやってはいけないことだと分かるのに、この業者は何を言っているのだろうと唖然としたそうです。
住人の安全や建物の構造など全く考えていない、劣悪な業者だと判断し、リフォーム案が好みやイメージとは違うからと断ったそうです。

そういった悪質な業者ほど、その後もしつこく何度も電話をかけてきて、本当に困ったと言っていました。