新築をしてからかなりの年月が経った我が家では、だいぶ家の中も古くなってきてしまいました。

業者のリフォーム案に唖然とした体験
業者のリフォーム案に唖然とした体験

新築をしてからかなりの年月が経った我が家では

新築をしてからかなりの年月が経った我が家では、だいぶ家の中も古くなってきてしまいました。

壁紙にも子供がつけた取れなくなった汚れがありましたので、壁紙を変えるリフォームをしようという話になったのです。

しかし、壁紙は綺麗な部分もありましたので、その部分だけは残して、目立つ汚れの部分の壁紙だけを変える方が、費用を安く抑えることが出来るという風に考えたのです。

そこで、リフォーム会社に相談をしたところ、今の壁紙と同じものを探してくれるということになりました。
すると、もう同じものはなかったというのです。
それならば諦めて、リフォームは止めておこうと思っていると、リフォーム業者は何とか契約をとろうとリフォーム案を出してきました。
それが、壁の一面だけを他の壁紙に変えるという方法です。

最初に聞いた時には、不自然になるのではないかと唖然としましたが、デザイン性のあるものを使ってありましたので、部屋がおしゃれな感じになっていいと思いました。