私が住んでいる家はとても古いので、よく飛び込みのリフォーム営業担当者がやってきます。

業者のリフォーム案に唖然とした体験
業者のリフォーム案に唖然とした体験

私が住んでいる家はとても古いので

私が住んでいる家はとても古いので、よく飛び込みのリフォーム営業担当者がやってきます。
手入れをすれば、家は長く快適に過ごすことができるということは、私も私の家族もわかっているつもりなので、今まで家の色々な部分に手を加えてきました。
飛び込みのリフォーム営業担当者に、見積もりは無料ということを言われ、その時はすぐにリフォームをしなければならないという意識はなかったのですが、見積だけとってみることにしました。
すると、リフォーム業者から見ると私が住んでいる家は欠陥だらけで、リフォームすべき箇所がたくさんあるという指摘を受けました。

実際に住んでいる家にそれだけ指摘を受けたので、驚きました。
その他、業者のリフォーム案に唖然としたのは、老後に備えるためということで、家中をバリアフリーにし、手摺をたくさんつけるというものでした。
確かに老後は手摺やバリアフリーも必要だと思ったのですが、手摺が過度に設置されるなど、不必要なものがとても多いリフォーム案に、住みやすさよりも売り上げを考えているのではないかと、唖然としてしまいました。